応用講座 Program

伝統つまみ細工基礎講座
伝統つまみ細工羽二重講座
*山崎先生(ARTE DIVA) ICHIRINアレンジ講座
*松永先生 古布を使ったつまみ細工講座
*淺原先生 ボンドつまみ細工講座
*矢野先生 基礎から学ぶボンドつまみ細工
つまみ細工に関連する「特別コラボ講座」





blog_tsumami伝統工芸つまみ細工【応用講座】 

伝統工芸つまみ細工【基礎講座】修了者向けの講座です。
(以前につまみ堂で『基礎講座』を修了されている方も対象です)
「重ね」や「端切り」等の技術の習得、羽二重の扱い方を学びます。
※当講座は、1講座ごとのお申し込みになります。

1:丸と剣の重ねで作るフォトフレーム
2:端切りで作る簪とピン
3:羽二重で作るハットピン
※ハットピンはブローチやスカーフ留めなどにもお使い頂けます。


応用講座➀【丸と剣の重ねで作るフォトフレーム】


《講座内容》丸と剣の重ねのつまみ方

素材 一越ちりめん
受講条件 伝統工芸つまみ細工【基礎講座】を修了された方
【丸と剣の重ねで作るフォトフレーム】【端切りで作る簪とピン】の講座は順不同となっておりますので、どちらを先に受講して頂いても大丈夫です。
所要時間 3時間30分
開催日 2018年2月1日(木)11時30分〜15時00分

2018年2月13日(火)11時30分~15時00分

2018年3月6日(火)11時30分~15時00分

2018年3月16日(金)11時30分~15時00分
参加費用 ¥7,200-(税込)※教材費含む
持ち物 お持ち帰り用の箱(参考サイズ:縦21cm×横16cm×高さ5cm)
お申し込み ※定員制(合計8名)
・遂行人数1名以上。
・先着順とさせて頂きます。講座申し込みの注意事項をご確認の上で下記登録フォームよりお申込みください。
《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》

お申し込みはこちら



応用講座➁【端切りで作る簪とピン】


《講座内容》端切りの技法の習得。
素材 一越ちりめん
受講条件 伝統工芸つまみ細工【基礎講座】を修了された方。
【丸と剣の重ねで作るフォトフレーム】【端切りで作る簪とピン】の講座は順不同になっておりますので、どちらを先に受講して頂いても大丈夫です。
所要時間 2時間30分
開催日 2018年2月8日(木)11時30分〜14時00分

2018年2月21日(水)11時30分~14時00分

2018年3月8日(木)11時30分~14時00分

2018年3月20日(火)11時30分~14時00分
参加費用 ¥4,200-(税込)※教材費含む
持ち物 お持ち帰り用の箱(参考サイズ:縦12cm×横7cm×高さ2m)
お申し込み ※定員制(合計8名)
・遂行人数1名以上。
・先着順とさせて頂きます。講座申し込みの注意事項をご確認の上で下記登録フォームよりお申込みください。
《ショッピングサイトを使用しております。申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》
お申し込みはこちら



応用講座➂【羽二重で作るハットピン】


《講座内容》羽二重の扱い方。
素材 羽二重
受講条件 伝統工芸つまみ細工【基礎講座】を修了された方で、応用講座➀【丸と剣の重ねで作るフォトフレーム】、または特別講座などで『重ね』を学ぶ講座を受講された方。
所要時間 2時間30分
開催日 2018年2月16日(金)11時30分〜14時00分

2018年2月27日(火)11時30分~14時00分

2018年3月13日(火)11時30分~14時00分

2018年3月29日(木)11時30分~14時00分
参加費用 ¥7,200-(税込)※教材費含む
持ち物 お持ち帰り用の箱(参考サイズ:縦12cm×横9cm×高さ2.5cm)
お申し込み ※定員制(合計8名)
・遂行人数1名以上。
・先着順とさせて頂きます。講座申し込みの注意事項をご確認の上で下記登録フォームよりお申込みください。
《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》

お申し込みはこちら




:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

 講師:古屋 麗

一般社団法人日本伝統工芸つまみ細工協会認定講師。
幼い頃から好きだったものづくりを生かし、アクセサリーのネットショップを経営。
着物や和の文化に興味があり、華やかなつまみかんざしに心惹かれつまみ細工を学ぶ。
伝統的な手法を使いながら、かんざしなどの製作と共に、和装でも洋装でも身につけることのできるつまみ細工作品を制作している。